KOされてしまう前に

激務とされる看護師の現状。

職場の経営方針を考える

介護業界で働く看護師は、唯一の医療関係の職業である場合が多くなります。バイタルサインのチェックや医療機器の操作、注射や点滴などの医療に関わる仕事を一手に引き受けることになるのが一般的です。しかし、それだけが仕事になるとは限らない点には注意しておかなければなりません。介護業界で働くことを決意した看護師は、各経営方針についてよく理解した上で職場を選ぶ必要があります。その選び方を誤っただけでやりたい仕事ができなくなるだけでなく、激務に追われる状況に立たされる場合も少なくないのです。基本的に医療業界では専門化が進んでいて、自分の職能に応じた仕事のみを行っていれば十分なことが多いです。ですが、介護業界においてはそのような状況があるわけではありません。看護師が必要であっても、実際には介助の仕事の方が必要となる職場が多いのです。それでも、分業を基本としてそれぞれの職能に合った仕事をするように促す職場も見かけられます。一方で、自分の職能に合わない仕事に対しても協力を求める職場が少なくないのです。可能な限りの仕事に従事するように求められてしまうと、激務になることは否めないでしょう。他の人の仕事のフォローを任されて、実質的には専門の仕事よりも他の仕事をしている時間の方が長くなることもよくあります。介護業界で働くときには職場の経営方針に気を付け、自分がどのような形で仕事に携わりたいかを考えて選ぶことが大切です。