KOされてしまう前に

激務とされる看護師の現状。

将来のことを考えて働く

激務に苛まれてしまっても働き続けようとするモチベーションがあれば、看護師の仕事を続けることは難しくありません。自分のために働こうと考えているとそれが困難になってしまう可能性はありますが、将来の生活のためだという視点を持つことで働けるようになる人も多いのが実情です。事例として多いのが、将来のための資金獲得のために働く決断をして仕事をこなしていくことでしょう。長期的に激務の中で働くのが難しくても、数ヶ月や数年という期間であれば頑張れることはよくあります。将来を考えた上で資金を蓄えることは大切であり、中でも特に結婚に対して高い理想を持っている人ほどそのような結果に落ち着くことが多いものです。また、結婚生活を始めてしまうと思うように働けなくなってしまい、さまざまな仕事に携われなくなると考える人もいます。将来的に、再び看護師として働けるようになりたいと考えると重要な期間だと思うことができるため、激務にも耐えられるようになるのです。しかし、概して結婚や新生活を築くための資金となる給与をしっかりと稼ぐため、激務となる職場で働くことを決意するのがよくある事例であり、厳しい勤務に耐えてきた人は結婚や出産などを機に休職ではなく退職してしまうのが一般的となっています。必ずしもそれで二度と看護師として働かないというわけではなく、激務を掻い潜ってきた経験を生かして家庭と両立できる職場へ再就職する人が増えているのです。