KOされてしまう前に

激務とされる看護師の現状。

激務を楽しむメンタリティー

つまらないことで辞めたくなってしまうことも多いのが看護師の実情ですが、その裏にあるのはいつも激務に苛まれている職場の状況です。看護師として激務を楽しむというメンタリティーを育むのは大切なことであり、それを達成できれば苦労なく働き続けることができるでしょう。ただ強靭な抵抗力があるメンタリティーがあればいいというわけではなく、ポジティブな考え方を終始持ち続けるようにするのが重要です。些細なミスやちょっとしたコミュニケーション不足が一大事になってしまい、早く帰宅できるにもかかわらず数時間の残業となる場合もあります。そのような状況すらポジティブに捉え、自分が成長するために課せられた試練だという程度に理解するメンタリティーを持つのが目標になるのです。アファメーションはその点で優れている考え方であり、学んでおくだけでもプラスになります。自分にはできるという確信を持つように暗示をかけるのがアファメーションの特徴です。必然的にポジティブな考え方をするようになり、何事に対してもやる気と自信を持って取り組めるようになります。自信がない状態で仕事をすると、それが患者や医師にも伝わって不安を煽ることになってしまう場合もあるでしょう。そういったリスクを避けることで、仕事のクオリティーが高まるのです。自分にはできると考えて仕事に取り組んでいると些細なことで落ち込むこともなく、激務も自分のためと考えて働けるようになるのです。また、こちらの激務と戦う看護師達を参考に、対処方法を考えておくことも有効でしょう。